投稿: Cactto
8
ギムノカリキウム バッテリー(Gymnocalycium vatteri) とは?

ギムノカリキウムバッテリーはギムノカリキウム属のサボテンです。 南米はアルゼンチン~ウルグアイ原産で、日本では一本棘系、黒棘系、狂棘系、疣系等々様々な品種が園芸ファンを楽しませています。 まだサボテンを始めたての頃、ホームセンターで5cm位の苗を3000円位で購入したのを覚えてます。(高い笑) ...

0
ポイントは「日・風・水・土」!多肉植物の育て方。

多肉植物の育て方は他の植物に比べとても簡単です。 ポイントはシンプルに4つです。 日当たりの良い場所で管理 風通しの良い場所で管理 水は土が乾いたら与える 水はけの良い土に植える 上記4つのポイントさえ押さえておけば、大体よく育ってくれます。 水は土が乾いたら与えてください。 ...

0
“Cactto”スタートしました。

この度"Cactto"をリリースさせていただきました。 Cacttoはサボテン、アガベ、ユーフォルビア、コーデックス等の多肉植物、ビザールプランツ等の普及・繁栄を目的としたサービスです。 ...

2
Astrophytum asterias アストロフィツム 兜丸

根強い愛好家が最も多いサボテンのひとつです。 アストロフィツム兜丸は特に品種が多く交配も実生もしやすいことから人気が高いです。 棘がないのも人気のひとつと考えています。 また、園芸品としても、錦やVアロータイプの個体は観賞価値も高いです。 ...

1
Obregonia denegrii オブレゴニア デニグリー 帝冠

1属1種のサボテンでその姿は「帝冠」と呼ばれるほど威厳と品格を持ち合わせます。 非常に珍しいサボテンで、美しいロゼット状の姿が美しいこともあり人気のサボテンのひとつです。 生息地 ...

0
かっこよくて育てやすい Gymnocalycium ギムノカリキウム属の原産地、由来、育て方。

Gymnocalycium(ギムノカリキウム属)は管理するにあたって非常に強健な種のひとつです。 かっこよく種類も豊富で観賞価値、収集価値共に非常にバランスのよい種です。 由来 ギリシャ語の「gymnòs」(裸)と「càlyx」(萼)に由来し、保護する鱗や毛がないため「裸」である花の萼を指します。 ...

0
Aztekium ritteri アズテキウム リッテリ 花籠

生息地 通常は垂直の石灰岩の崖で育ちます。 メキシコ北東部のヌエボレオン地方にある2つの離れた小さな地域の固有種です。 違法採集と斜面の自然侵食により、生息地では絶滅の危機に瀕しています。 ...

1
Copiapoa cinerea var. cinerea コピアポア シネレア 黒王丸

黒王丸 コピアポア・シネレア Copiapoa cinerea は、「白サボテン」と呼ばれ日本で最も人気の高いサボテンと言っても過言ではありません。 肌が特に白く、真っ黒のトゲの個体は高値で取引されています。 同義語 以下は「コピアポア・シネレア Copiapoa ...

0
サボテンとは。「Cactos」の由来と特徴【1】

「Cactus」という言葉はギリシャ語の「Kàktos」に由来します。 この言葉はテオフラストス(Theophrastus)の著書「HistoriaPlantarum」で「未知の棘のある植物」を表すために使用されました。 ...

0
“Cactto”プレオープンしました。Cacttoは、サボテン、アガベ、コーデックスなどの多肉植物専門サイトです。

この度、"Cactto"をオープンいたしました。 Cacttoは、サボテン、アガベ、コーデックスなどの多肉植物専門サイトです。 植物関連のブログや商品など随時投稿してまいります。 イベントなども開催予定ですので、各種SNSのフォーローを是非お願いいたします。 ...

0
「二和園クラファン終了」及び「Cacttoクラファン開始」のお知らせ

この度、「二和園クラファン」を終了させていただきました。 また、それと同時に「Cactto(カクト)クラファン」をスタートさせていただきました。 ...

アイテム: Cactto
お気に入りに追加しましたお気に入りから削除しました 1
お気に入りに追加しましたお気に入りから削除しました 0
お気に入りに追加しましたお気に入りから削除しました 0
お気に入りに追加しましたお気に入りから削除しました 1
もっと見る
コメント: Cactto
Cactto
Logo
新規会員登録